LiLz株式会社

LiLz株式会社アカウントです。 『IoTと機械学習の技術融合で現場の仕事をラクにする…

LiLz株式会社

LiLz株式会社アカウントです。 『IoTと機械学習の技術融合で現場の仕事をラクにする』をミッションに、アナログメーターなどの目視巡回点検を簡単にリモート化できるクラウドサービス、LiLz Gaugeを提供しています。 https://lilz.jp/lilzgauge/

リンク

ウィジェット

マガジン

  • 入社エントリー

    LiLzメンバーの入社エントリーです。今までどんな経験をして、なぜLiLzにjoinしたのか?LiLzでやりたい事、などを自身の言葉で伝えています。

  • 創業者ブログ

    創業者のブログです。LiLzの『これまで』と『これから』が分かります。

  • プロダクトブログ

    LiLzのプロダクトにスポットをあてた記事をまとめています。

  • English articles

    Articles in English

  • 働き方

    LiLz社員の『働き方』にスポットをあてた記事をまとめています。

入社エントリー

LiLzメンバーの入社エントリーです。今までどんな経験をして、なぜLiLzにjoinしたのか?LiLzでやりたい事、などを自身の言葉で伝えています。

すべて見る
  • 15本

歯科医院から、現場の仕事をラクにする

(この記事は、「Working in a dentist office with a mission to simplify fieldwork maintenance」の翻訳記事です) こんにちは、クバです。LiLzの最高技術責任者(CTO)を務めています。この記事では、私自身について少し触れ、なぜLiLzのファウンダーチームの一員となったのか、そしてLiLzにおける私のミッションが、世界中の現場の生活をよりラクにするという使命にどうフィットしているのかについて少し話した

「成果x楽しさ」=私のやりがい。 Have fun。

こんにちは。2023年12月よりLiLz株式会社にJoinしました。 直原佑哉(ジキハラユウヤ)です。 LiLzで見つけた「成果x楽しさ」の、ちょうど良いバランス。 1.これまでのキャリアと転職の動機 LiLz株式会社は4社目で、3回目の転職になりました。  高専、専攻科と電気電子を勉強しながら、ロボコンなどを経験し、小さいころから好きだったロボットエンジニアを目指すべく、自分の研究室だけでなく別の研究室にも首を突っ込み出入りしいろんなものや人と関わりました。  7年居た高

スキ
9

自分のルーツと、エンジニアとしてのキャリアを求めて

(この記事は、「Embracing Heritage and Pursuing a Software Engineering Career」の翻訳記事です) こんにちは、エリックです。私は2022年10月にLiLz株式会社にジュニアソフトウェアエンジニアとして入社しました。私がLiLzに入社した理由や入社後の取り組みについて紹介させていただきます。 About me 6年間という長い大学生活を経て、2021年にブリティッシュ・コロンビア大学を機械工学の学士号で卒業しまし

スキ
14

My Journey to Japan: LiLzとの出会い

(この記事は、「My Journey to Japan: Finding My Place at Lilz」の翻訳記事です) こんにちは、ソフィアです! 私はLiLzでジュニアウェブアプリケーションエンジニアとして働いています。日本にはもう2年半ほど住んでいます。 南アジアにあるスパイスと美味しい食べ物の国、バングラデシュ出身です。ムスリムで、性格はとても陽気で人懐っこいです。新しいことや新しい体験を探求するのが大好きです。 趣味はたくさんあって、絵を描いたり、旅行したり

スキ
2

創業者ブログ

創業者のブログです。LiLzの『これまで』と『これから』が分かります。

すべて見る
  • 10本

歯科医院から、現場の仕事をラクにする

(この記事は、「Working in a dentist office with a mission to simplify fieldwork maintenance」の翻訳記事です) こんにちは、クバです。LiLzの最高技術責任者(CTO)を務めています。この記事では、私自身について少し触れ、なぜLiLzのファウンダーチームの一員となったのか、そしてLiLzにおける私のミッションが、世界中の現場の生活をよりラクにするという使命にどうフィットしているのかについて少し話した

Our Vision,Mission and Values

Note: This is a revised translation of the original article published in March 2023. In August 2022, LiLz held a meeting with the goal of putting our company’s vision, mission, and values down on paper. Honestly, we had wanted to do this s

スキ
2

人材採用のジェットコースター:失敗からの学びと再構築

スタートアップにとって、最も重要なのは集まる仲間ですよね。素晴らしい才能を持った仲間がいて、かつ、それがチームとして機能してこそビジョンの実現に一歩近づけると思っています。2021年5名だったメンバーも現在12名となりリルズも少しずつチームになってきました。今年ついに創業メンバーよりその他のメンバーの方が多いという状況に。また、継続して人材採用活動をしていますが体感上、カルチャーフィットしている方と高い確率で出会えるようになっていると思います。 一見順調そうに見えますが、実

スキ
21

設備故障を未然に防ぐ新たな手段。完全無線型サーモグラフィカメラを提案する背景とその理由

みなさんこんにちは。早いもので目視の巡回点検のリモート化を実現するリルズゲージをリリースしてから3年が経ちました。この3年間、製鉄・石油化学・ガス・建設・施設管理などなどあらゆる現場のみなさまと一緒に課題解決に取り組んでいます。このような取り組みの中で、2023年8月に新商品となる完全無線型サーモグラフィカメラ LC-T10を発売開始しました。今回の新商品がどのような背景で産まれたのか、どのような課題を解決するのかについて簡単に紹介したいと思います。 なぜ、サーモグラフィな

スキ
2

プロダクトブログ

LiLzのプロダクトにスポットをあてた記事をまとめています。

すべて見る
  • 11本

【事例紹介】遠隔監視による日常点検の効率化。社内全体の保全活動を活発化へ(不二越様)

みなさん、こんにちは! 今回は、ロボットの製造現場における日常点検の効率化の事例を紹介させていただきます。 不二越様は、世界のあらゆるものづくりに貢献する総合機械メーカーとして、特殊鋼や工業炉などのマテリアル事業、工具・工作機械などのマシニング事業、ベアリング・油圧機器などの機能部品事業、エンジニアリング事業、そして本事例のロボット事業など多彩な技術を展開しています。 製造現場には多くの生産設備があり、日常点検が欠かせません。一方で、点検の対象となる機器の種類が多く、また

スキ
4

設備故障を未然に防ぐ新たな手段。完全無線型サーモグラフィカメラを提案する背景とその理由

みなさんこんにちは。早いもので目視の巡回点検のリモート化を実現するリルズゲージをリリースしてから3年が経ちました。この3年間、製鉄・石油化学・ガス・建設・施設管理などなどあらゆる現場のみなさまと一緒に課題解決に取り組んでいます。このような取り組みの中で、2023年8月に新商品となる完全無線型サーモグラフィカメラ LC-T10を発売開始しました。今回の新商品がどのような背景で産まれたのか、どのような課題を解決するのかについて簡単に紹介したいと思います。 なぜ、サーモグラフィな

スキ
2

【事例紹介】危険だった半地下での点検をリモートで。作業員の負担軽減(大手飲料メーカーC社様)

みなさん、こんにちは! 今回は、LiLz Gaugeを活用して危険な半地下での点検をリモート化した事例を紹介させていただきます。 C社様がLilz Gaugeを導入した場所は、半地下に設置された流量計の値を確認する必要がある場所で、足場が悪く、金属の蓋を開けて階段を降りる必要があり、労災のリスクが高い場所でした。 LiLz Gaugeを導入することで、半地下での点検をリモート化でき、作業員の皆さんの負担を軽減することができました。 詳細は弊社Webサイトの導入事例ページ

スキ
1

【事例紹介】水道メーターの検針をリモート化し、店舗の業務をラクにする(Jazzと喫茶 はやし様)

みなさん、こんにちは! 今回は、弊社Webサイトに掲載されている、LiLz Gaugeを利用した水道メーター検針のリモート化の事例を紹介させていただきます。 Jazzと喫茶 はやし様は、東京都世田谷区で営業されています。ジャンルに拘らず様々な音楽が流れ、当店ご自慢の「囃子(はやし)ライス」や珈琲をご堪能いただけます。 店舗のあるビルでは水道メーターが非常に読みづらい位置にあり、検針に困っていました。また、検針日が近づいてきたらメーターの値を目視でチェックし、検針値を記入し

スキ
3

English articles

Articles in English

すべて見る
  • 8本

Our Vision,Mission and Values

Note: This is a revised translation of the original article published in March 2023. In August 2022, LiLz held a meeting with the goal of putting our company’s vision, mission, and values down on paper. Honestly, we had wanted to do this s

スキ
2

Empowering Engineers: Unveiling LiLz Workflow and Growth Principles

Hi, this is Sofia from the LiLz engineering team. Today, I'd like to provide you with an insider's perspective on our engineering team. I'll guide you through the workflow we diligently uphold, the values we cherish, and how LiLz fosters th

スキ
4

Embracing Heritage and Pursuing a Software Engineering Career

Hello, I’m Eric, a Junior Software Engineer at LiLz Inc. I joined the company in October 2022 and this is a blog entry about why I chose LiLz and my time here so far. About me I graduated from the University of British Columbia in 2021 wi

スキ
13

My Journey to Japan: Finding My Place at Lilz

Hello! This is Sofia, currently working as a Junior Web Application Engineer at Lilz Inc. I have been living here in Japan for almost 2 and a half years now.  I am from Bangladesh, the land of spices and delicious food located in South Asi

スキ
19

働き方

LiLz社員の『働き方』にスポットをあてた記事をまとめています。

すべて見る
  • 3本

0.1㌧あったSales Managerがランニング同好会を結成した経緯

こんにちは! アウトドア派よりインドア派,Sales Manager栗本です。 今回は会社初の同好会を結成した経緯とあまり触れられていない社員の働き方などを紹介します。 この記事では LiLz社員の柔軟な働き方の一例 LiLz社オフィスの福利厚生の歩み ランニング同好会結成の背景とトレイルマラソンの結果 をお伝えしたいと思います。 フルフレックスっておいしいの?20代で家が建ち、30代で墓が建つと言われるキーエンスで新卒時代から1日10数時間、ずっと働いてきた私に

スキ
16

海外初のディストリビューターが出展する展示会の応援に行ってきました

 皆さん、こんにちは。Sales Managerの栗本です。 LiLzに入社して1年が経ち、時が過ぎ去るスピードに驚きつつ、日々貴重な経験を積ませてもらってます。  入社当時、LiLz Gaugeは海外の『か』の字もなかった状態から、まだ試作機ですが1年で、アメリカ、フランス、オーストラリア、マレーシアでも稼働しており、世界の現場を一歩前に進めるべく着実に前進しています。 そんな中、今回はLiLzの海外ディストリビューター第一号であるNBK Americaさんが出展した海外展

スキ
6

短期滞在研修 @沖縄

こんにちは!CFOの高木です。先週末まで短期滞在研修 @沖縄 をしていたので、その内容をせっかくなのでご紹介したいと思います。 短期滞在研修って何?私たちLiLzの本社は沖縄にありまして、一方で、社員の皆さん(特に、私も含め最近入社した人)は全国各地に散らばっています。 短期滞在研修は、今後フルリモートで働き貢献していく前提で入社しているものの、やはりFace to Faceでしっかりコミュニケーションをしておくと今後の仕事の進めやすさも変わるよね、という考えのもと行われ

スキ
6